いよいよ流山の除染のため住宅の測定を開始しました。
小さな子供のいる家庭数件の様子を聞きました
まず玄関と人が良く通るところ2か所を測り、そこの平均を出す。それで0,23以上だったら住宅全体除染、
(こんなところはほとんどあるはずがない。玄関はいつも掃除しているからどこのうちでも低い)
次に高そうなところを選んでここのうちの場合は6か所はかってホットスポットだったら除染対象に。
しかし1つもない。雨水枡のところは50センチくらいで0,6もあるのに。よちよち歩きの子供がはっているから「除染してください」というと、自分のうちでやってください。
ボランティアという手もあるが、泥などは持って行くにも持っていけない。
結局申込者を振り落すための測定ですね。お母さんたちはあきらめムード。
流山市議会議員のみなさんどうかしてくれないのですか?、
スポンサーサイト
5月28日私たちネットワークは対市交渉をしました。
汚染マップを作って市民に知らせてほしいという交渉に対し
市内全域の道路の放射能を測定しマップを作りいずれ公表するということです
これは市民の皆さんの動きに影響されたと思います。
自治会で何百か所測ったり、緑と水辺の会が野々下の遊歩道を測ったり、新日本婦人の会がいち早く通学路を測ったりICDTが公園を測ったりした結果だと思います。
これからも市民測定は続け、行政を市民の力で動かしていきましょう。

しかし、次の点はまだです。
子供のいる家庭では1mではなく公共施設のようにもっと低い場所を基準にして除染してほしい。松戸では50㎝でやっている(お金がない)。
ゲルマニューム測定器を設置して20㏃以下でも検出して市民にしらせてほしい。(お金がない)
けっして市の職員は反対のわけではないのですが、なにせお金のことになると、
市長と市議会の責任ですから。ここに要求する必要があります。

次にもっとも駄目なのは内部被ばくの検査です
特に健康相談している癌センターの医師と流山医師会が「必要ない」と言っているのだそうです。
自民党をはじめとする野党7党は福島以外のホットスポットも含め子供の健康診断の立法を国会に提出する予定だそうですが流山はもっとも遅れている。
正直いって流山の医者にかかるのはためらいますね。
いよいよ流山市も除染を始めますが、気になるのは除染の対象が1mで0,23以上、これでは多くの家庭が対象外になります。松戸市に問い合わせたところ子供のいる家庭は50㎝0,23以上
なぜかというと環境省が1m0,23以上という指示を流山市はかたくなに守っているのだそうです。
「国のいうとおりに守っている。」ということ。松戸や柏では国が出さない分は市が出すそうです。
法律を守るというのであれば東部近隣公園のまわりの坂のところ、1,0のところもあるわけでもちろん空間線量も十分0,23以上あるのにお金がないから除染しない。
変ですね
「一般家庭では1m0,23以上でないと国の基準にしたがって除染しない」
「東部近隣公園は0,23以上あってもお金がないから、国の基準があっても除染しない」
一方では国の基準を守り、一方では国の基準に従わない。
流山市もだんだん東電ににてきましたね

こういう市はさかえるのでしょうかね。

ところで3月号のアエラによると20年後の人口予想があって、流山市は現在の80パーセント
ところが松戸柏我孫子は1段階上の90パーセント。
どうなるのでしょうね流山
siibason0530

#tkgg 東部近隣公園線量が高いのに除染は中央のグランドだけ。周りの林や落ち葉が堆積した坂は計画なし。予算がない(緑の課の話)これでは除染しても周りから落ちてくる放射能の為、グランドも再集積して効果なし。金を惜しんで無駄な除染は学校と同じ。いつになったら学習するのだろう。
05-18 09:15

#tkgg 秋田の山奥に宿泊。流山は有名。放射性ごみを秋田に持ち込もうとして地元の怒りをかった話。その人は近場の福島などのごみは秋田も引き受けてもよいという事だが、相手に黙って搬入しようとした事が評判を落としている。市は搬入先が見つかる見通しと言っているがあてにしていいのかな?
05-18 08:51

siibason0530

#tkgg 流山市予算、除染費用がかかるからかな。学校事務費を減らし、スポーツ少年団のわずかな援助金も削ったらしい。「学ぶ子にこたえる流れ山」はどこに?危機には人の本質が表れるそうな。山上憶良「銀も金も玉も何にせむまされる宝 子にしかめやも」を市長と議会に送りたい(ため息)
05-02 12:07