siibason0530

#tkgg子ども、若者が長く住むためには空間線量を0,1以下に! http://t.co/ZmmWILXL放射能対策はこれからなんです。汚染地帯に住んでいることを改めて確認しましょうy。
12-19 23:32

スポンサーサイト
原発事故からあと3かけ月で丸2年を迎えようとしています。
流山の私の地域の空間線量はほぼ0.15 森が近い場所などは0,2以上になります。
また、雨が降った後や風が吹くと高くなる傾向です。
ほとんどの地域が0,23以下になったので安心というのは国の除染基準を満たしただけで
子どもや若者の健康に安心ということではありません。
「低線量被ばく地域からの報告」という本では
チェルノブイリから離れたコロステンという町では
20年間で14ミリシーベルトの被ばく量で、健康被害がかなり見られます。
この線量を単純に1年間の総時数で割っても、0,08m㏜です。
食品の内部被ばくはいれていません。

部屋の中は私の家では0,08になっています。
外も最低でも子供や若者がいる空間は0,1以下にしたいものです。我が家の庭は除染したところは0,1以下になっていますが
除染しないところは0,15です。
この数値はたぶんこれからあまり下がらないと思います。
市民測定所で50㏃以上出たゆずの精密検査によると
セシウム134 19㏃
セシウム137 34㏃
やはり半減期が長いセシウム137が多くなっています。
よく風雨による自然低減と言われますが、セシウム137に限っては
ほとんど減らない。だから土壌が汚染されている限り、、空間線量もある値から減らないと思います。
やはり庭などは根気強く除染をして空間線量を下げたほうがいいと思います。
私は学校の除染で深く掘り返した汚染されてない土を業者からもらってきて
土をかぶせています。これをやって庭の空間線量を0,1以下にしました。
でも、お隣からの風が吹いて来ると、高くなることもありますが
だいたいは低くなっています。
「スウェーデンは放射能汚染からどう社会をを守っているか」には
防衛研究所、農業庁、スウェーデン農業大学、食品帳、放射線安全庁の共著で事細かに対策を練っていますが
日本は対策を取らず風化させようとしている気がします。
豊かな国の日本での精神のまずしさでしょうか?

なお、子供の食品汚染基準は流山のようなところではなおさら、ドイツの4㏃以下を採用すべきと
考えます。
siibason0530

@FurushoTakashi @yaburan NHKの世論調査項目で「次期総理は安倍か野田か」というのあり、自白強要タイプの世論誘導て、答えると無意識にある方向に組み込む。「完全黙秘」したら、非協力者。そして自民勝利だからあきらめろという世論づくり。まるでナチズムではないか?
12-18 00:49

siibason0530

原発稼働賛成の人は、今から「たとえ事故が起きても保証金は一銭もいりません。その地域を逃げません。」という確約を署名すべきだと思います。
12-17 15:19

#tkgg 選挙が終わって雨。雨も先日のさわやかな風も放射線値が高くなることを当選した議員方々はわすれないでほしい。斉藤健は「除染は国の責任で」と選挙ビラに確約したので、土壌や森の汚染はきっとやってくれますよね。
12-17 15:15

siibason0530

@daizo3  同じ地域でごみのなすりあい。いやですね。我孫子市民の怒りはもっとも。同じ事を流山でやられたらいやです。県知事も無能力。私は流山市内の住居がないところを選んで厳重な管理を行い保管すべきと考えます。土地開発どころじゃない市の優先課題です。
12-15 13:54

私の姪はニューヨーク在住の看護婦。彼女の友人の看護婦は奨学金のためイラク戦争従事を義務付けられた。戦争に行くのは「貧しい若者」二世議員や都知事一族のような金持ちは決して第1戦地には行かない。だから軍事力を持てと言える。国防軍を作ったら息子を真っ先に戦地に行かせて。9条改悪反対。
12-15 12:47

@aichikenSE @keisanm  仕事が大変ですね。私も公務員として働いた時は「責任もって頑張る」正義のため、、いつの間にか弱い人や違う立場の人を排除して攻めること慣れました。その正義が相手が家族もあり悲しみを持った普通の人々という事を忘れさせ、戦争に向かわせます。
12-15 12:26

@aichikenSE  太平洋戦争で多く犠牲になったのは「戦争賛美のキャンペーンに使われた国を思う素直な若者」だった。「家族や友人のため死ね」と言われて。戦争を起こすのは政治家と老人。戦地に行くのは若者。列車の中で人の座席を横取りするような政治家が、この国の若者を守るかしら?
12-15 12:09

@ninoppy @tim1134  [脱原発選挙の争点ではない。経済復興、軍事力強化」だ」という大マスコミのキャンペーンの波はソフトな脅しと強制によって、私達の精神を溺れさせようとしている。溺れないように怒りをでこの波を乗り越えよう。無名の人々が危機を共有しつながろう。
12-15 10:44