流山市議会植田議員の質問の中にある人が家土地を担保に銀行にお金を借りに行ったら
「放射能汚染された土地を担保にお金は貸せない」と断られたそうな。
銀行が断る口実かもしれないが3,11以前の流山では考えられないことだ。
近所の建売も数百万単位で値下がりして、まだ売れ残っているところが多数ある。
皆さんの周りはどうですか?

経済の行く末は「銀行と不動産」に最初に現れると専門家が言っていた

急速な没落が流山に訪れることはないだろうか?
直販農家も売れなくなっているらしい。

汚染の現実を直視し、これからの流山をどうするか
真剣に考えんなければならない時期にきているのではないだろうか・
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomonoyoake.blog.fc2.com/tb.php/137-7a00bb98