>広報流山に市民団体が市野谷の森で子供たちの自然観察会をするという記事がありました。放射能が気になったので質問し回答をもらいました。</span>
市民団体への質問市野谷
答えにたいしてさらに意見を書きました。
測定会2
福島の事故の影響は終わっていません。避難者はまだ帰れません。おそらく福島の野山の除染は無理でしょう。
流山は開発のおかげで(?)森がすくなくなり、森からの放射能の影響は少なくなっています。
しかし部分的には放射能の高いところがあります。
まず流山市は市民が出入りする森は測定し、必要な箇所は除染し、安全か安全でないか表示すべきです。
それを怠っています。流山市は子供の人口が増えています。それなのになぜ対策をとらないのでしょう。
もう1つけして忘れてはならないこと。野山に放射能が存在することは原発事故の深刻さを忘れてはならない事です。
戦争の深刻さを伝えるように、何十年たっても消えない放射能については大人が子供に伝えなければならないことです。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kodomonoyoake.blog.fc2.com/tb.php/523-47cef981